WordPressでのSSL有効化とその他の設定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Googleが常時SSLを重要視しており、サーチエンジンにも影響があるとのことで、
個人ブログではありますが、設定をしてみたいと思います。

スポンサードリンク

sslの購入・設定

通常SSLを導入するとなると、ドメイン契約のように定額で支払うケースが多いかと思います。
私が利用しているレンタルサーバはロリポップですが、無料での導入が可能とのことです。

より強い認証は有料になりますが、サイトの規模感からしてとりあえずは無料で登録してみます。
ロリポップでは設定がユーザー専用ページで可能です。

「セキュリティ」の「独自SSL証明書導入」を選択します。
ロリポップに登録しているドメインの一覧が表示されます。

サブドメインを含めるSSL導入したいドメインにチェックを入れ、「独自のSSL(無料)を設定する」をクリックします。

数分すると対象ドメインが設定が完了したことが分かります。

SSLの設定は以上です。

SSL設定プラグインの導入

SSLの導入をした後は、実際にアクセスしてきた際にもhttpsとしてユーザーには見てもらわないとなりません。
.htaccess で直接リダイレクトの設定も可能ですが、
ディレクトリ配下のリダイレクトすべてまで見てくれるわけではないのでディレクトリごとに設定をしなければなりません。

ですので、Wordpressのプラグインでもあるようなので
評価や評価件数も良い「Really Simple SSL」を導入したいと思います。

インストールした後は有効化するのみで特に設定はいりません。
301リダイレクトの設定も初期値でされておりWordpress内の「設定>一般」に登録のURLも自動的に反映済みです。

サイト単位での設定はこれで以上です。

Google Search Consoleの設定

Search Console上で登録しているページが「http://〜」となっているかと思いますので、httpsに修正をします。
「https://〜」で登録する場合、新規で登録する必要があります。

ですのでSearch Consoleのトップページから「プロパティの追加」をクリックします。
「プロパティの追加」の画面が表示されるので、変更したいhttpsのURLを入力し「追加」を押します。

所有権の確認ページに移ります。
当初「http://〜」で登録していた時と同様にhtmlファイルを既にアップロードしているかと思いますので、「確認」を押して進みます。

後は、Search Console上で必要な初期設定をしていきます。

Google Analyticsの設定

Google Analytics上で、Search Consoleとの連携をしているかと思いますので、再設定が必要になります。

「管理>プロパティ設定」をクリックします。

「デフォルトのURL」が「http://」になっているかと思いますので、
https://に修正し、一度「保存」を押します。

次にプロパティ設定のまま「Search Consoleを調整」を押します。
「Search Console の設定」の画面に遷移します。
現在登録しているURLが表示されます。

「削除」との記載ですが、心配なくクリックしてください。
Search Consoleに遷移しますので、そこから削除をします。
遷移先のページに対象のドメインの「削除」をクリックしてhttp://の削除が完了します。

改めてGoogle Analytics上の「Search Console の設定」に戻り、「https://〜」のURLの方を選び登録します。

以上で登録は完了です。

さいごに

今回の設定は主にGoogleからのサーチエンジンの対策としてもまた結果としてセキュリティの対策としても有効かと思いますので、
導入していない方はぜひ導入してみてください。
また、今回はSearch ConsoleとAnalyticsの設定についても話しましたが他にもURLに関わる設定をしている部分があれば確認が必要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク