内向型人間の仕事の仕方とこれからの考え方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人の特性として、外向型・内向型と二つに分かれています。

外向型人間は、
社交的で会話やプレゼンテーションが得意で決断、実行力があるとされています。

内向型人間は、
社交性は劣り多くの目の前で話すことは苦手で、決断実行力が弱い、仕事のスピードが遅いとされています。

他にも比較部分はありますが、主に仕事をしていく上で特徴的な部分を挙げました。
内向型人間は能力が劣っていると見られがちです。

スポンサードリンク

世の中の傾向は、外向型が優先された考え方

世の中に広められている考え方、書籍などは、主に外向型人間を主語としています。

いかにスピードを持って効率的に仕事を進めていくかが課題であったり、
相手に上手に伝えるための資料作成、プレゼンテーション手法などの質を向上するための方法など本屋のビジネスコーナーを見るとわかるかと思います。

また、現代は仕事の幅も大きく広がっています。
1人に対しての求められるビジネススキルが多岐にわたっていることからも感じるかと思います。

外向的人間を主とした働き方・仕事の仕方は内向型人間にとっては、
サイズの合わない服を着させられているようで馴染めないのです。

よって、内向型人間は自身で仕事の仕方、日々の考え方を見極めていく必要があります。

内向型人間は能力が劣っているわけではなく「ただの違い」

内向的人間は、仕事が遅いとされることが多いです。
1つの事象を考え抜こうとするため、一度に複数の事象をまとめて処理していくことが難しいのです。
一つ一つの処理をしていき、最後に全ての事象を網羅していきます。

つまり、一つのことを深く考え抜いていくことが得意とも取れます。
外向型人間の仕事のスピードに反してクオリティを落とすリスクがあるわけです。
内向型人間は、クオリティを落とさず仕事を進めることができるということになります。

これも一例ではありますが、
内向型人間は他者や会社が要求する仕事の進め方と自分が行っている進め方と「違いがある」を念頭に置く必要があります。
内向型人間が外向型人間と比べて劣っているというわけではないのです。

内向型人間は自分の仕事をカスタマイズする

当然他者や会社が、理解することがベストであると考えますが、まだまだ内向型への理解が薄いです。
自分で理解して、判断することが生き抜く方法として最適だと考えます。

その手段の一つとしては、
会社員からフリーランスまたは起業などが可能性としてあると考えられるでしょう。

自分にあった仕事の進め方、考え方を自分で全てカスタマイズしていきます。
個々人の働き方について、型にはめない考え方を構築していくのがヒントだと思います。

余談ですが、
内向型人間の中には、ビルゲイツやオバマ前大統領など成功を収めた著名人もいますので、
著名人の書籍などを追体験して内向型人間を理解していくことも自分を理解していく上で良いでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク