fetch as google フェッチアズグーグル使えなくなる?!【使える方法教えます】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

Google Search console(通称サーチコンソール・サチコ)のFetch as google が2019年3月28日付で利用できなくなります。
その後Fetch as Googleは、サーチコンソールには実装されないのかという疑問についてお伝えします。

スポンサードリンク

fetch as google 使えなくなる?!【使える方法教えます】

結論として、3月28日以降も利用はできます。
あくまで、旧バージョンでのSearch console上でのFetch as googleが使えないということです。

となると使用方法は?という疑問が浮かびます。
新しいサーチコンソールは見た目が大きく変わっているので、
どこで操作できるのかわかりずらいです。
Fetch as googleという言葉が見当たらないので困惑される方も多いと思います。

ちなみに旧サーチコンソールは以下のような画面でした。

旧サーチコンソール

当然「Fetch as google」という記載かと思っていたのですが、実は意外なところにありました。

新しいサーチコンソールでのFetch as google

新サーチコンソールの中のFetch as googleですが、
「Fetch as google」という名称ではなくなりました。

「URL検査」という名前になりました。
めちゃくちゃわかりずらいです。笑

どこにあるかということと手順を以下に記載します。

まず、新しいサーチコンソールの画面を開きます。

新サーチコンソール


上部に「「https://~○○」内のすべてのURLを検索」と書かれているテキストエリアがありますので、ここにインデックスリクエストしたいフルパス(https://abcdef.com/abcdef/12345 のようなもの)を入力してください。
おそらくページ公開後かと思いますのでURLのコピぺで大丈夫かと思います。

URL検査テキストエリア

入力すると読み込みが始まり、次の画面が表示されます。

URL検査結果

ページがインデックスされていない記載がありますので、
そのまま右部分の「インデックス登録をリクエスト」を押しましょう。

しばらくすると「インデックス登録をリクエスト済み」のダイアログが表示されます。

インデックスリクエスト済み

これでインデックスのリクエストは完了しました。

かなり以前のサーチコンソールと比べて簡単じゃないですか?

新サーチコンソールでの「URL検査」は使いやすい

いかがでしたでしょうか?
旧サーチコンソールのFetch as googleと比較してもかなりレスポンスも早く、操作も簡単になりました。
以前は「Fetch as google」という名称でしたが、「URL検査」という名前で新サーチコンソールに反映されていました。
新しいものは、なかなか触るのが億劫になりますが、以前のものと比べてかなり改善しているので、早々に使うのがオススメです。

とはいえそのほかの機能はまだまだ移行中なので、しばらくは旧サーチコンソールと使い分けて行くことになると思います。

ページをご覧いただきありがとうございました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク