登山でお昼ごはん食べるなら買うべきツール

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
鍋の他にもおたまや取り皿も付いています。

久々に登山しました。

今回行った山は、神奈川県の大山です。
小田急線の伊勢原駅から、バスで30分。
そこからさらにケーブルカーで6分ほどで登山開始しました。

この日の天気は快晴で、すでにケーブルカーで降りた時点で、
麓よりも少し涼しく柔らかな風が吹いています。

到着すると、出発地の広場があり、いくつか飲食店があります。
広場の横に大山阿夫利神社への階段があるので、そこから登山スタート。

スポンサードリンク

登山は辛さもあるが癒しもあるから良い

大山は、標高1,252mあり、登山初心者でも気軽に登れる山の一つだそうです。
実際登ってみると急な角度の道が多く、初心者ともいえど靴はスポーツシューズなどにした方が良さそうです。
今回は、雨の後ということもあり、ぬかるんでいる所もあり滑りそうになるので動きやすい格好が必須です。

登ってから中盤に差し掛かり、早くもふくらはぎに疲労を感じます。
登る途中、富士山が垣間見え、景色に癒されます。

やはり登ることの楽しみは、景色ですね。
登っていて辛く感じることもあるかと思いますが、やはり自然に触れるとホッとします。

とはいえ、まだかまだかと思って登っていると鳥居が見えてきてようやく登頂です。
大体1時間半で登ったので、目安の時間と同じに到着しました。

登山で昼ごはん食べるなら買うべきクッカー

到着したら早速昼食とします。
お弁当やお店で買ったものを食べるのも良いのですが、
簡単でも良いので調理したくクッカーを用意しました。

今回作るのは、「鯖缶雑炊」です。
まずは、

  1. 1カップ分の水を投入。
  2. 鶏ガラスープの素をひとつまみ投入
  3. 鯖缶を汁も含めて投入
  4. お茶漬けの素と小ねぎを巻いて一煮立ち

こんな感じで作ったのですが、実際は鶏がらスープの素だけで足りるだろうと思ったのですが、予想以上に薄く回避策として事前に用意していたお茶漬けの素が功を奏したという感じです。
お茶漬けの素はこういう荷物を極力軽量にする環境では重宝するかもしれないですね。
塩分もあるし、海苔やあられも入っているので万能かもしれません。

鍋の他にもおたまや取り皿も付いています。

実は山で調理をしたくてこのクッカーを買ったのですが、良いですね。
今まではケトルでお湯を沸かしてカップラーメンを食すケースが多かったのですが、
こうやって自分で作って食べるのもまた美味しいです。
何より自然の中で食べるご飯は何よりも美味いですよね。

今回のクッカーは、
鍋の他に底の浅いものや取り皿やおたままで付いてます。
コンパクトに収納できるので、今後も重宝しそうです。

次回行くときのレシピを何しようか考えてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク