Youtube 仕事・考え方

【2021年】ゲーム実況があなたが伸びない理由【別の方法あり】

ゲーム実況を配信していて、伸び悩んでいたりしませんか?ここでは、あなたがゲーム実況に伸び悩む理由とその解決方法を説明したいと思います。
あなたの方向性になにかの気付きになれば幸いです。

ゲーム実況しているけど、全然登録者数も伸びないし、視聴回数も伸びない。
実況していると視聴者に文句言われたり、低評価も尽くしメンタル的にもきつい。
一体何が楽しくてゲーム実況をしているんだろうか…。

こんな方は多くいると思います。

こんにちはモトと申します。私はYoutubeで「モトちゃんねる」を1年ほどゲーム実況・配信して登録者2000人以上います。
登録者1000人の壁が超えられない方や私のように数千人の登録者数や1万人超えたみたいな方も、ほとんど悩みは変わらないと思います。
これから読み進めていただくことをおすすめします。

【2021年】ゲーム実況があなたが伸びない理由【別の方法あり】

「ゲーム実況」においては、今回は私も配信している「Youtube」において説明します。
Youtubeが伸びない、悩んでいる理由を私の体験とともにお話していきたいと思います。

Youtubeのアルゴリズム

Youtubeは日々アルゴリズムを改変しています。
より広告主に最適な良質なコンテンツを求めています。

なので、動画が本来であれば上位に表示されることも、突然ルールを変えてしまい全く視聴されないということもザラにあります。
日々アルゴリズムを変えていくのでこのあたりは注意しましょう。

競合の参入

Youtubeでは日々新しい動画やチャンネルが増え続けています。
2020年は特に芸能人のチャンネルが増えたことが話題になりました。
求心力のある有名時などがYoutubeに参入することの影響を上げていきたいと思います。

これについては良い点も悪い点もあります。

良い点

・影響力のある動画のトレンドに沿った動画を自身も上げること

Youtubeはいかに伸びているトレンドの動画のテーマに乗っていくかがテクニックとしてあります。
トレンドの動画の次の動画に載ったり、視聴者がトレンドの動画を見たことによって関連してYoutubeのTOPページに表示されることもあります。

悪い点

・影響力のあるチャンネルに視聴者の暇時間を奪われている

人は24時間平等に時間が与えられています。
学校や会社に努めていれば、睡眠含めて16時間自由な時間が残ります。

その16時間の中でSNSを開いたり、漫画を読んだり、宿題を読んだりするわけです。
そこからようやく残った時間がYoutube視聴になります。

Youtubeのアルゴリズムは日々変わるということは先程お話しましたが、
よく見られる動画はその分広告を出せますよね。
1日の時間のうちその動画に視聴者が時間を裂きます。

当然あなたの動画は見られません。

攻略動画

Youtubeにおいて攻略動画は、視聴されやすくうまくいくと多くの収益を得ることもできます。
Youtubeサジェストなどで自身の狙いたいテーマを探して動画を作れば、視聴回数を稼ぐことは夢ではありません。

一方攻略動画で気をつけたいのは「賞味期限」です。
その攻略動画は、いつまで見られるものなのか?
特にオンライン系のシーズンが別れているようなゲーム。
フォートナイトやApex Legendsなどのようなバトルロイヤルのゲームはマップの変更や武器やルールの変更などスピードが早いです。
よって賞味期限は短いです。

攻略動画の投稿は博打です。当たれば伸びますが、少しでも遅れたりすればそのまま見られずのままになります。
動画の内容としてはいつ見ても良い普遍的な動画を狙うほうがまだマシです。

また、攻略動画は参入障壁が低いため誰でもすぐに始められます。
よりスピードを早く動画の質を上げていき1つの動画に対して多くの時間を費やすこともあります。

攻略動画をやるとしても動画クオリティは高めないほうがコスパが高いです。
クオリティ重視するのは、サムネイルとタイトルの選定に比重を置くことをおすすめします。

そもそも自分がやっているジャンルに需要があるか

ここまで説明しておいてこの話題にするのは心苦しいですが、かなり重要です。

かく言う私も動画のジャンルには悩み続けました。
最初は昔からやっていたバイオハザード動画をメインにやっていましたが、視聴されていないことがわかり、
その当時一番マーケットとして大きい「フォートナイト」のタイトルを選びました。

ゲームタイトルを変えるだけでも全く違います。
当然バイオハザードのタイトルでもなにかに特化していれば良いと思います。
(RTAで世界記録があり、トーク術もあるうめだJAPANさんなど)

マインクラフト実況などで有名なKUNさんが言っていた言葉を借りると、

「リリースされて3ヶ月経ってもそこそこ人気のあるタイトル(メイン級でない)を選ぶと良い」

Youtuberであるヒカルさんも、ゲーム実況のメインストリームでない「パワプロ」実況を始めたことでヒットしました。

ニッチな中でも、一定の視聴者に支持を集めれば、ある程度の方が見てくれる可能性はありますね。
当然一定の需要ボリュームのあるゲームタイトルであることは前提にはなります。

Youtubeをはじめプラットフォームの中で戦うには

先程も少しお話しましたが、なにか動画やサービスを提供することは「可処分時間」の奪い合いです。
今後見たほうが良いのは、大きな動画チャンネルが何をしているかです。

動画での広告収益ではなく、Tシャツなどのグッズを販売したり物販をしているチャンネルもあれば、
オンラインサロンや案件での商品販売を最終目的としたチャンネルもあると思います。
つまりもう広告では取れないか、それ以上に収益を得たい・影響力を広げたいという目的があると言って良いでしょう。

また、さまざまなネットの広告にYoutubeのコンサルなどがあったりします。
こういった業者が介入するというのはある程度サービスが飽和したサインだと見込んでいます。

Youtubeを辞める必要はないと思いますが、
さまざまなサービスがあると思います、TwitterやInstagramなどのSNSを始めVoicyやStandfm.などの音声メディア。
動画はYoutubeだけでなく他にもあると思います。

私は、Youtubeはゆるくすすめつつも、フォートナイトのブログを開始しています。
ここでは月間20万を超えるアクセスを得ることができています。
ブログ界隈ではここ何年もの間「オワコン」と言われ続けていましたが、成果を出すことができました。
Youtubeについては、「本当に自分がやりたかったことか」に尽きると思います。

本当にあなたが向いている、またはやりたいのはYoutubeでのゲーム実況でしょうか?

-Youtube, 仕事・考え方