通勤ランという通勤方法の新しい選択肢

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今回は、私の通勤方法について紹介したいと思います。

スポンサードリンク

電車通勤で疲れる

通勤というと通常思い当たるのは、
電車やバスの手段・または車やバイク・自転車などの利用かと思います。

私も例に漏れず電車通勤を行なっています。
通勤の時間としては最寄駅間では30分と、
1時間通勤している人からすれば近いと思われる方もいると思います。

しかし、早朝の乗り換え時の混雑さ加減に心身ともに疲れてしまうんですよね。。

乗り換えの混雑

電車での通勤時間は、ちょうど30分ですが、正味40分ほどかかっているかと思います。
朝の混雑によりホームやコンコースでの歩行がまともに出来ないんですよね。
特に渋谷駅乗り換えなので、一度に降りる人が多く、降りる人の流れを考えて歩かなければなりません。

周りの乗客のペースに乗せて並んで歩く。これが、私には苦痛でならないです。

当たり前と言っていいほどの電車遅延

都心の朝の電車というのは、大体定刻通りに着かないのではないでしょうか。
乗り換え情報などをネットやアプリなどで調べる到着時刻よりも、大きく遅れる危険性が高いです。
理由は、各駅での電車の乗り降りや、悪天候や人身事故・信号故障などその時々で様々です。

今までの引越し遍歴も通勤から1時間あるところを40分に縮めたり、30分に調整したりといかに縮めようとしていました。
30分の通勤でも充分贅沢な悩みかもしれないですが。

何より、周りの人の流れを待つ行為というのは、辛く感じるんですよね。
自分のペースで歩かせてくれよと思ってしまいます。
たとえ自分が早く出勤でていたとしてもギリギリで通勤・通学する人のペースに合わせないといけないですし、そのまた逆もあります。

かなりストレスが溜まるので、通勤にマラソンを入れることはできないか調べてみました。

通勤ランを試してみた!

自宅の最寄駅の都立大学駅から溜池山王駅まで、電車で約30分です。
これをGoogleMapで検索すると、徒歩で2時間10分ほどです。
これが距離でいうと9キロちょっとです。
当然、徒歩で通勤するのではなく走るのですが、単純に1km6分30秒ペースで見積もって1時間くらいでつく見込みです。

ということで、難しくはなさそうなので試しに家から会社までジョギングで通勤してみました。

装備としては、
帽子に、Tシャツ短パンあとは、Flipbelt とペットボトルを腰につけます。
荷物は、バッグに出社後着る着替えの服を用意します。

街中をランニングウェアで走ることについては、
普段からランニングをやっていたこともあり抵抗はありません。

走っている間、道については、多少は見覚えのある道があったり断片的には分かりますが、
ほとんどはスマホのアプリを片手に走っては止まってみるの繰り返しでした。
あと、信号待ちも発生するのでバッファを考慮する必要があります。

通勤ランは、メリットしかない

それでなんとか出勤はできました。
少し道に迷いましたが、時間も想定通りの1時間。

トイレで着替えを済まし出社。
人に縛られず出社する気持ちよさと眠っていた頭がリフレッシュされ、爽快です。

以後、通勤ランを始めてからは、道も覚えるようになり、
どのルートで走るのが信号待ちがないかなど考えながら走るようになりました。

通勤で駅へ向かう人たちを横目に颯爽と走り抜けるのはちょっと優越感も感じます。
普段のトレーニングを週末だけ行っていましたが、平日の朝ランニングを取り入れたことによりストレス発散にもなり、また時間効率にも繋がって非常に良い活動だと思います。

さいごに

最近は、定期的に通勤ランを行うことについて確信を持ったので、通勤ラン用バックパックを購入しました。
20リットル入り、冬用の着替えも入るので安心な容量です。
また、20リットルの割には揺れも少なく快適です。
15リットルのバックパックも検討しましたが、通勤であれば20くらいあった方が良いと思います。
(私の場合、仕事着はカジュアルなので着替えは全てバックパックに入れています。)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク