断捨離 押入れを鎮座し続ける音楽CDの処分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

部屋のスペースを取ってなおかつ使用頻度が少ないのが音楽CDです。

10代、20代の時にバンドをやっていたというのもあって、音楽CDをたくさん購入していました。

ヘヴィメタルやハードコアパンクが好きで、
ネットで注文したり廃盤になっていれば、オークションで購入していました。
国内になければ、海外のサイトで取り寄せたりもしました。

スポンサードリンク

データダウンロードを避けてのCD購入

その当時の時代としても音楽データのダウンロード購入するコンテンツも出始めてはいましたが、
何となくデータを購入するということが不安で物質的に購入をしていました。

普段のCDの使い方としては、毎回CDを探してプレイヤーにCDを入れて再生していたわけではなく、
購入したCDは、MP3にしてハードディスクに取り込んでプレイヤーで聞いていました。
CDとしての役目はハードディスクに取り込んだ時点で終わっているわけです。

ですが、CDのアートワークが素敵だったり、ケースが特殊だったり面白いんですよね。
ただまた開いて何かするわけでもないんです。
そう言ったCDが何年も押入れの中に入っていました。

DiskUnionで宅配買取

今回は、自宅を引っ越した時にその間取りに収納スペースが少なく、
荷物が部屋に置かざるおえない状態になっていたのが発端です。

その中でもCDについては、使用頻度も少なくほとんど役目を終えているものですので、
処分していきます。

処分していくCDは、Disk Unionの宅配買取を利用しました。
音楽のジャンルを考えて他の買取サービスよりも親和性が高いと考えたため選定しました。

枚数は、92枚。
ダンボールのサイズは、CD100枚分程度入るものかと思います。
2枚組のCDもあったので、敷き詰めてようやく92枚入ったところです。

最後に本人確認書類と買取申込書に内容を記載の上、ダンボール内に同梱します。

ダンボールの中身の音楽ジャンルはバラバラで、海外のヘヴィメタル・ハードコア中心になります。
またケースに割れが生じているものもちらほらありましたが、入れました。

配送業者さんが集荷に来て、CDとはお別れ。
今までありがとうという思いです。(データはハードディスクにあるので大丈夫ですが。)

査定金額について

また、査定後のキャンセルは返送料金が自身の負担になります。
今回は、特にキャンセルは考えていないのですが、DiskUnionで買取キャンペーンを行なっていたため価格がいくらくらいになるかが楽しみです。

査定金額について、回答がありました。

14,242円

結構高い気がしますが、どう思いますか?
だいたい1枚あたり1400円での買取の計算になります。

意外と驚きだったのは、昔100円で買った中古CDに値がついています。
査定額は550円でさらにキャンペーンで660円の買取だったので6倍にもなりました。

あとは、趣味で海外からCDを取り寄せていたので、日本国内にあまり出回っていないCDや、
日本国内のハードコアバンドのCDなども高額な買取になりました。

逆にメジャーなタイトルについては、1枚あたり200円前後の買取額がメインでした。

総合的に見て、私の所持しているジャンルのCDは、discunionと親和性は高そうです。
また、キャンペーンのタイミングを図って買取申し込みしてみたいです。

なお、入金については買取金額を承諾後は2日後に確認できました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク