季節の変わり目の服の棚卸し方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

4月に入り少しずつ暖かくなってきました。
クローゼットの中も春夏ものへ見直しておく必要ができました。

秋冬の衣類から、春夏の衣類に入れ替えていきます。
また、不要な衣類は処分していき家の中のものをスッキリさせます。

クローゼットの中身を見ると、全く着なかったものもちらほら見つけました。

スポンサードリンク

秋冬ものの見直し

基本的には、今シーズンの衣類で着ていないものは処分していきます。
スーツなどの仕事上で使うものは今回は除外します。

昨年以前に買ったもので秋冬で出番がなかったもの

今シーズン明らかに自分が袖を通さなかったものやそもそも引き出しから出さなかったものは基本処分します。

着ていて気持ちが上がらないもの

これは袖を通していないものでもなく、普段使っているが気がついたら次のシーズンでは着ないなと思ったものを対象としています。
毛玉がついていたり、ほころんでいたり経年劣化しているものですね。
「使い込んだなぁ」と思ってしまうものも処分対象にします。

春夏ものの見直し

判断の仕方は、秋冬ものを見返す時とほとんど同じですが、
今から着ていけると思えるものだけを残していきます。

とはいえ、本当に着る物がなくなってしまうので
処分候補として分けておきます。

処分候補になったもの

処分候補になったものは、燃えるゴミなどでの処分は可能ですが私は下記の手段で処分しています。

  • ・ゾゾタウンで処分
  • ・買取王子で処分

ゾゾタウンの場合は、購入時の下取りやブランド査定があり、
事前にどれくらいの査定額かがわかります。
また5年以上前のものやファストファッション系は買取NGなので、
需要が高いブランドの買取の値がつきやすいです。

買取王子については、1kg単位20円での買取があります。
処分する量にもよりますが、ただ燃えるゴミで捨てるよりはまず詰め込んで出してしまうのも1つの手段だと思います。

ダンボールいっぱいに敷き詰めて送ったので、
かなりクローゼットの中は綺麗になりました。

少し遅いですが、今シーズンのものも少しずつ買っていきたいと思います。

今回の買取額

222円でした。
あとで思ったのですが、ゾゾで買ったものもあり下取りOKのものもあったので、少し勿体無い気もしますが、まぁいいでしょう。。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク