TechAcademy 15日目 メンターとのオンラインチャット

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

TechAcademyもようやく開始して2週間を過ぎました。
今回はメンターチャットを初めて実施しました。

その時の内容を紹介したいと思います。

スポンサードリンク

音声疎通ができず繋がらない

早速初めてのオンラインチャットを開始しました。
appear.in というサービスを使いました。
実務でも使ったことがあるのですが、簡単に相手と接続できスムーズでき快適な印象でした。

早速接続してみると、お互いの動画は確認できるのですが、私からの音声が届いていないようです。
使用している端末はMacbook airなのですが、サウンド>内蔵マイクも設定されているため、
何が原因かわかりませんでした。

一旦OSを再起動し解決しました。
次回から未然に再起動しておいたほうがいいかもしれません。

初回のチャット内容

無事疎通が取れ早速内容に移ることになりました。
メンターとのチャットは毎回決められた曜日に同じ時間で30分間設けられます。

今回は初回のやり取りになります。
内容としては記憶を辿るとだいたい下記のような内容のやりとりを行いました。

  1. 自己紹介
  2. 受講理由
  3. 受講を通して何を学びたいか
  4. 質問事項
  5. 今後の進め方について

今後進めていく中でもどういったお互いのやり取りを行なっていく必要があるか、
メンター側が知っておきたいということが意図としてあるのだと思います。
次回以降は、レッスン内容に対しての質問についてがテーマになります。

オンラインチャットの使い方

今回はUI/UXについて学んでいるのですが、
今後はツールを使ってのアプリ画面の使い方を経て
ターゲット設定などの考えるレッスンがメインとなり最終的に課題を作るということになってきます。

自分がどのようなコンセプトのデザインを作っていきたいかを徐々に考えていく必要があります。
よって、ツールの質問や使い方・設計の手法についての質問について用意しておく必要があると考えています。
真剣にレッスンに向き合っていれば出てくるだろうとは思うのですが、
あらかじめこの時間は有意義にしておきたいので、特にないということは避けたいです。

さいごに

最初のメンターとのオンラインチャットの会話については、何を話すかは事前に用意しておく必要があったかと思いました。
私が事前に全く考えていなかったというのが問題だと思いました。

レッスンを通して何を感じ、どうすれば良いのか向き合い方に敏感になる必要がありますね。
せっかく受講料を支払って、現場のプロと会話ができるので無駄にしちゃいけないですね。

また、やり取りの中でも次のチャットまでにはここまでやっておく、
というレッスンの進捗に対する目標設定も会話を通して行われたので頑張っていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク