人と会うことと今自分が提供できるもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

人と会うこと。
特に現在の会社の仲間でなく、外部の会社の方と会うことは非常に大事なことだと多く感じます。

会社の仲間と会社の愚痴を言い合うのはその場では、ストレスは軽減できるかもしれません。
しかし、より外部の人間と接触を図り自分の意識やスキルの向上・個人の幅を広げるという意味で、
外部の人間と会うことはかなり効果があると思います。

スポンサードリンク

ライフスタイルや傾向がわかる

最近あった方は会社の社長でしたが、
オープンウォータースイミングというスポーツをやっている方でした。
初めて聞く名前でしたが、要するに海や湖・川などで泳ぎレースを競う水泳競技のようです。
私はトライアスロンに興味があったため、競技に非常に興味がありました。

話ではよく聞きますが会社経営の方は、運動し心身ともに鍛えることはもはや必須なのかもしれないですね。

仕事の考え方が参考にできる

リスクの取り方、自分の考え・ルールを守る時は守るなどポリシー方向性が、はっきりしている方でした。
話し方は穏やかで明るい口調ですが、やはりプロだと思える時でした。

会うからには、自身から提供のできるものを用意する

私自身、経営については目指す方向だと考えているので、
社外の方と会食をする機会がある時は得るものは得て取り入れ、
当然見返りとして考えても、自身が提供できるものは提供していく使命があると思っています。

ですので、会うたび会うたび自身の付加価値を上げて相手にもメリットを感じさせる必要があると思います。

それは仕事の部分はもちろん、共通の趣味でも良いかと思います。
相手から関心を得ることが大事かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク