アマゾンでのネット注文による荷物の受け取りについて

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

スポンサードリンク

結局誰の得にもなっていない

最近宅配サービスの長時間労働が問題になっているが、
私のような毎朝会社へ向かい夜自宅へ帰る者としてはなぜ今更なんだろうと思うことは多い。

大体平日の昼間は、専業主婦でもない限り概ね不在であることは多いと思う。

また、一人暮らしの人間は時間指定で配達を依頼しても仕事が遅くなったり、急の予定が入ったりして結果的に受け取れない状況も発生しうる。

そんなサラリーマンの生活があるのにも関わらず、配送の日時未指定であろうが指定であろうが、不在かもしれない家に配達員が届に向かう配送システムというのは非常に無駄が多いものだと感じる。
提供側もユーザーも誰の得にもならず互いのコストを発生させているだけだ。

ユーザーとビジネスを見つめ直す良い事例

そんなことを色々考えていたのだが、
今日初めて「店舗受け取りサービス」なるものをアマゾンで注文の際利用した。

システムとしては、オーダー時に配送指定先に近隣のコンビニを選び、
店舗に到着時点で認証キーがメールにて配布される。

コンビニの店舗の端末で、メール上で受信した認証キーを利用しレシートを発行し、
レジにて商品を受け取る仕組みだ。

自分でも今更感が拭えないのだが、これは非常に便利だと思う。
私のように存在は知っているのに使っていないという方は多いはず。

自宅への配送到着時間を気にすることなく、コンビニへ向かい受け取りさえすれば、
欲しかった注文の品を営業所に向かうことなく、また再配達依頼を行うことなくスムーズに受け取りが済むわけだ。
ユーザーにとってもストレスが緩和する事象だ。
現状配送している

私自身、なんで今まで知らなかったんだろうと思いつつ、皮肉にも知るきっかけになったタッチポイントは今回の長時間労働問題だった。
内部の課題は山ほどあるのだろうが、ユーザーに目を向ければ色々なアイデアは発見できると思う。

自宅配達は有料にして、無料は基本はコンビニやスーパーなどで受け取れるような料金体系のテーブルを見直すのも良いかもしれない。

アマゾンのドローン配送は既に日本でも実施が検討されている。
もっと自動化が進み配送はコントロールするオペレーター一人で十分になる可能性だってある。
こういった定着したサービスをユーザーとビジネス課題について、今一度見直す良い機会だと思うし大きなビジネスチャンスがあるとも思える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク