日常の非常識な危険にどう対処するか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

非常識な空間には、自分の知らない非常識な危険がつきもの。

普段から、銃口を向けられたりナイフを突きつけられることはまずないです。
少なくともこの日本では、一般的な暮らしをしていればまず出くわす確率は少ないと言えます。

スポンサードリンク

自身の身の危険が脅かされる

強盗や傷害など自身の身の危険がある場合に、あなたは適切にその場から逃げることができるでしょうか。
まずは、その様な場所へは行かない。最低限の危険のリスクは避けるなど。
それが大前提だと思いますが、どうしてもそのタイミングに直面したときに適切に対処できるでしょうか。

実際にその場面に遭ったときには、パニックになり動けないかもしれません。

出くわす確率としては、少ないですが最近の無差別な殺人やストーカーによる傷害がテレビでも賑わしています。
万が一に備えて対処できる技術は備えておきたいです。

クラヴマガは逃げるための技術

クラヴマガについては、危険な直面に遭ったとしても、冷静に対処できる様にするための訓練です。
また、いかに戦うかではなく、逃げることができるかの目的が明確です。

ですので、危険な場面に遭わないのが大前提ですが、
遭った時の備えとしての準備が必要だと言えます。

空手やボクシングなどのスポーツとしての戦闘ではなく、
実際の現実的な状況を想定しての護身術になります。

危険を回避しその場から逃げ去るのが基本です。

非常識な状況に対処するには、未然に準備訓練が必要かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク