走ることを習慣化して感じること

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

最低一回でも毎週末は、必ず走るようにしています。
ランニングが習慣になり、
週末の予定が詰まっていても合間を縫って短い距離でも走るようにしています。

スポンサードリンク

いつも走り出すときは、面倒である

それでも走り出しの最初は、
今日はあまり乗り気ではないなぁ、とか体調があまり優れないなぁと思いながら走り始めることがあります。

暑かったり寒かったり、天候のせいにして走らないという選択肢もありました。
そういう思いがある時は、「今日は少しだけ走ろう」という風にとにかく短くても走るようにしました。

走ってしばらくすると体が温まり気持ちも晴れるようになります。
そして少しだけ走ろうと思っていたらすっかり普段よりも走っていたりします。

習慣化すると気持ちが悪くなる

走り終わって今日も走ってよかったなぁと最後には考えられるようになっています。
走り始めた理由は、ストレス解消や運動不足予防などが最初でしたが今ではなくてはならない習慣になりました。
今では、走らないと気持ち悪くなるようになりました。

走ることを通して、日々の過ごし方でもあまり前向きにならないことも根気よく続けることで乗り越えられることを教えられた気がします。

一度決めたことは続けること。
少しでも歩みを進めること。
しかし、一歩踏み出したら大したことではないこと。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク