NIKE Freerun Flyknitを履き始め3ヶ月後レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

今まで使っていたランニングのスニーカーとおさらばして、
NIKEのFreerun Flyknit を購入しました。
履き始めて3ヶ月が経ち大体100km走った時点での感想を書きます。

スポンサードリンク

クッション性が良い

今までの履いていたランニングシューズもNIKEでしたが、10年ほど前のものなので、
今回購入したFreerun Flyknitについては単純にNIKEのテクノロジーの進化だけだと思いますが、ものすごくクッション性がいいです。
足を包むflyknitもゴムのような伸縮性を持っており、足全体が締め付けられるような感覚はありません。
足裏は履き心地が良く低反発まくらのような反発性を感じます。
私は足幅が広いのですが、全体的にストレスを感じません。

走るスピードが上がった

前述の単純に以前のシューズが古かったのとテクノロジーの進化部分だと思いますが、快適に走れます。
今までのシューズでは、1kmあたり、6分台が平均でしたがFreerun Flyknitに変えた途端、5分台になりました。
今までの走り方は変えていないですが、体感的にも早く前に進んでいる感覚があります。

普段使わない筋肉が使われている

今までは単純に太ももやふくらはぎの足回りに疲労を感じていましたが、
履き替えてからは、特に腹筋の下腹部から腿にかけての腹斜筋に疲労を感じます。
体感的な部分になりますがベアフットを考慮しているためか、普段使わない筋肉を使っている気がします。
また、ランニングよりもウォーキングの方がそれをより感じさせられました。

以上のような形で走る上でたくさんの発見を感じています。
NIKE Freerun Flyknitはかなり軽量のため旅先でのランニングでも向いています。
カバンの容量を考えることもなくコンパクトに収納できます。
普段使いで履いていると結構な疲労がありそうなので、定常的にトレーニングができるかもしれないですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク