クラヴマガのトレーニングを行なっている理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クラヴマガとは、イミ・リヒテンフェルドを創始者とするイスラエルの近接格闘術です。

クラヴマガ(Krav Maga)は、あくまで護身に使うものであって「逃げるため」に使うものです。
また、ナイフや銃の対処などスポーツというより実戦を想定したものになります。

世界でも軍やジムなどで広まっているのですが、日本でもジムはいくつかあります。

私の通っているジムでは、
ストレッチ、有酸素運動、パンチやキックなどの打撃、ペアとなって護身の訓練を一時間みっちり行います。
時にはトレーニングナイフや棒を使うなどのリアルな練習もあります。
(日本で起こることはあまりないかもしれないですが。)

スポンサードリンク

私がクラヴマガに通う3つの理由

もともと私は、あまり運動神経が良い方ではありませんが、そんな私でも数ヶ月続けられ体つきも変わってきました。
ではそもそもなぜ私が、クラヴマガを続ける理由を紹介します。

1.メンタルのトレーニング

続けてみて思ったことになるのですがメンタルを鍛えられるのではないかと体感しました。

ハードな運動を多く取り込んでいるので、その場を耐え抜く力もつけられます。
先生も明るく煽ってきます。ストレス発散にもなり、日常の仕事のストレスにも耐性がつくかもしれません。

2.エクササイズとして

また元々興味があったというのもあるんですが、
普段ジョギングをやっていて、もう少し負荷が欲しいというのもあり選びました。

ジョギングと異なり、全身を使うのでかなり鍛えられます。
私は若い時からスポーツを続けてたわけでもなく、クラヴマガのような格闘技のようなものは初めてというのもありハードだと感じる場面はあります。
何より自身で技が決まっているとわかる時は気持ち良いですね。

3.未曾有の脅威に備えて自身を守る

一番の理由はこれになります。
犯罪に巻き込まれた時などいざ起こると人間の体は映画のヒーローのように動けないでしょう。
何かあった時では自分の身は守れないかもしれません。パニックにならず冷静な判断が下せるよう準備をしておきたいというのが理由です。対処をする場面に出くわさないのが一番ではありますし、クラヴマガそのものはその場から逃げるためのものです。

他のジムはわかりませんが、先生も明るく優しく説明してくれるので安心です。
意外と女性も多く、クラスの男女比がほとんど女性の時もあります。

他の格闘技とは異なり、実践的なので利用してみてはいかがでしょうか。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク