糖質ダイエットって痩せれるの?糖質より脂質を気にする必要性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ダイエットを行う上で、運動よりも先に食事が一番大事といっても過言ではありません。

また、最近ではよく糖質を中心にしたダイエットを見ます。
糖質カット関連の食品も多く糖質を制限する環境としては整っていると思います。

個人によって向き不向きがあると思うのですが、私はあまり糖質ダイエットは向きませんでした。

スポンサードリンク

私が糖質ダイエットが向かない理由

私が糖質ダイエットに向かないと感じた点は、ご飯などの糖質を含む食品が食べられない。または減らさないとならないという点です。
私も一時期は夜はご飯を食べなかったり、ご飯の量を減らしたりと気にしたりしましたが、特に体重が変化がある訳でもありませんでした。
お米も制限されますし、ビールなどの飲み物もNGになってきます。
これを続けていくのは現実的ではないですし、お腹の減りも早いです。

また継続が大事なのもわかっていたので、自分が続けられるかというと続けられませんでした。

私がダイエットをする上で行っている方法

糖質を制限することがダメであれば、他に何があるか探していたのですが、
基礎代謝カロリーの摂取を守ることと、1日あたりの脂質の摂取量を調節することに着目しました。

結果として、半年で6キロの減量を実現しました
食事以外にも運動は行ったのですが、これは運動するだけでは実現できるダイエットではありません。
全体の総カロリーのコントロールと同時に脂質の管理を行ったため、どちらに効果があったかというとわからないのですが、
脂質を抑制して入れば結果的にカロリーの制御がしやすいです。

空腹感も糖質を制御していた時よりも多くありませんでした。

脂質は1gあたり9kcal

摂取カロリーを守る上で大事なのが脂質であることは言うまでもありません。
炭水化物やタンパク質は、1gあたりのカロリーは4キロカロリーです。
それに対し、脂質は1gあたりのカロリーは9キロカロリーもの量があります。

同じ量の食品を手に取っても脂質の量が多ければ、摂取するカロリーは全く異なるということになります。
また、ご飯(白米)の脂質も100gあたり1gもないので私は気にせず食べています。

脂質を減らしたことによって、カロリーコントロールが容易になったので思うのですが、
どこまで糖質ダイエットって可能なんでしょうか。
今考えると私は耐えられないですね。。

基礎代謝量を守ることから

脂質のコントロールをすることよりもまずは、基礎代謝量に近づけることから始めるのが最初の段階では良いかと思います。カロリーコントロールできるスマートフォンアプリはたくさんありますので、まずは一週間試してみると良いと思います。

ちなみに私が使っているアプリはbeCalendarというカロリー計算アプリです。

カロリー表示も見やすく計算も簡単です。
その他のカロリーコントロール系アプリはたくさんあるので是非色々試していただき、無理のないダイエットを続きていただければと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク