避けられない飲み会でのカロリーオーバー回避法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

私はダイエット中は飲み会などのイベントに幸い誘われることはあまりなく、順調に痩せることができました。

しかしながら、どうしても会社を勤めていると誘われることはあるかと思います。
そんな時に私自身の経験の中で、対処方法を思い出してくれたら幸いです。

スポンサードリンク

そもそも飲みの席に出ない

いきなりそんな話か、と思いますよね。飲みに誘われても断る癖をつけます。
ダイエット中の方は特に同僚などからの甘い誘いには、断りづらいかと思います。

当たり前ですが、会社の行事等でない限り断って、普段通りの食事を摂った方がカロリーコントロールはできます。

脂質の低いもので腹を満たす

接待や会社の行事等どうしても断れないケースもあると思います。
そんな時は、カロリーや脂質の低い食べ物を選んで食べた方が良いです。

飲み会のテーブルの中でそういったヘルシーなメニューを知っておくことも大事です。
私も最近驚いたのは、生ハムです。生ハムは高タンパク低脂質の食品です。
おつまみの中にもたくさん良質なメニューが潜んでいるので調べておくことも良いかもしれません。

今日は気にせず食べてしまう

私がたまに使う手です。
もうこういった機会ができた場合は、その日は気にせず食べちゃいます。

ただし、次の日の食事のメニューについては徹底してコントロールするか、ジョギングなどの有酸素運動を行うなどして前日のツケを返すようにしています。
事前に飲みの席が決まっているのであれば、事前に食事や運動で調整しておくのも良いかと思います。

飲みによるカロリーの原因

意外とビールや日本酒などがカロリーの原因と思われる方が多いと思います。
確かにビールや日本酒は糖質がほとんどです。私も以前はこういった糖質が多いお酒類を避けてきました。

今考えてもはっきり思えるのは、やはりおつまみによるカロリーオーバーが太る原因かと思います。
特に脂質を多く含む食品ですね。

唐揚げやフライドポテトなどの揚げ物類、シメで食べるラーメンのスープなどが原因にあたります。
唐揚げを食べてハイボールを飲むと、口の中の脂を洗い流すかのようにスッキリさせてくれるので美味しく感じるんですよね。

ただし脂質はタンパク質や炭水化物と異なり、1gあたりのカロリーが多いです。
多少のつまみと思っていても、軽く1日に必要なカロリーをオーバーする可能性があります。

お酒の種類にもよりますが、おそらくお酒だけを飲んでいてもあまり太らないかと思います。

こういったことを普段から意識していると少しでも実績に反映されることもあるので、是非お試しください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

スポンサードリンク